2005年12月06日

ちりとてちん

この落語の話は、ある店の主人がひとりの人にごちそうする。

その人はとてもよろこんで「こんなもの食べれるなんて夢のよう!」なんて大喜び

ついでに豆腐もだそうかということで、お手伝いさんに豆腐を持ってこさせると、その豆腐が腐っている

「でもまートラが来たときに使えるな」

主人その豆腐にいろんなものをブッカけてビンに詰め込み、「例のものを出せといったら出せ」とお手伝いさんに伝える

そんなところにトラがきてそこにあったお膳をごちそうをすると

「なんじゃこの鯛は!うまくもなんともねーや」

そんなことを言われて腹を立てた主人が「例のものをもってまいれ!」

そのビンに入っているものを見せて、主人が「食べ方がわからないから教えてるくれ」

知らないとはいえないトラは「うまい、うまい」といいながらほおばる

そこで主人「それはどんな味がする?」と聞くと、トラが

「豆腐の腐ったような味がします」


なんともくだらない落語です。ほんとにどうでもいい話。結構好きです。

ちりとてちんのCD販売
icon
posted by どもども at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「酢豆腐」の場合は噺の筋も違うんですよ♪
Posted by 有賀亭 頑馬 at 2005年12月12日 03:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10260064

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。