2005年12月06日

動物園

現代を中心にして展開する落語

金がない兄さんが動物園のアルバイトを見つけ、面接に行く

面接で何をすればいいのかと聞くと、ライオンが死んで売りがなくなってしまったので
ライオンをやって欲しいと頼まれる

死んだライオンの毛皮の衣装を着て、ライオンのように歩きだすと

これが面白い!みんなこっちを見てくれる!

そんなときにライオンとトラの対決のショーの時間になってしまった

そんなことを聞いていないライオンは、ビビってしまう

いよいよトラが入場し、ライオンに近づいてきた!

そこでトラが

「心配するな、俺も雇われた」

一番見やすい落語ですね

とにかく現代を中心に話が進むので、難しい言葉はまったくない


学生落語とかでもよくやられる落語なので、演目とかをチェックしておけば聞けますよ!

動物園のCD販売
icon
posted by どもども at 23:01| Comment(1) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はトラックバックありがとうございました。
一言くらいコメント下されば良かったのに...

この動物園のネタですが、寄席では結構高座にかけられる機会が多いネタです。
前座さん、二つ目さん、真打の階級問わずにかかります。
『子ほめ』ほどたくさんはかからないかもしれませんけど。

桂枝雀師匠のCDには何と英語版のものが収録されています。
White Lion という題名です。
アメリカ人や英国人も大ウケするのでお薦めです。
Posted by 三浦家権太郎 at 2005年12月07日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10301337

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。