2006年01月15日

だくだく

だくだく

八つあんの家は貧乏で家に何もない

なので、絵を書く先生を呼んできて、家に家具やらなんやらの絵を壁に書いてもらう


その夜、どろぼうが入ってきて、取るものが何もないのでがっかりしてしまう。

家に入って何も取らずに帰るのもなんなので、ならばすべて取ったつもりにしよう!ということになる

「たんすを開けたつもり。風呂敷にものを包んだつもり…」


物音が聞こえて起きた八つあん

「槍をもったつもり、泥棒の脇腹をついたつもり」

そしてどろぼう

「あーいててて、血が だくだく と出たつもり」


とてもすごいはなしですね。想像が現実に起きているかのような流れ。二階騒きと似た感覚に陥るのは私だけでしょうか。

だくだくのCD販売
icon
posted by どもども at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11730985

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。