2006年02月05日

ろくろ首

ろくろ首

与太郎話

与太郎がおじさんにもういい年だから、お嫁さんが欲しいとすがりつく

おじさんが「いい人がいるけど、その人はね、夜になると首がにょきっとでてくるんだよ。」

首が出てきても与太郎には、どうでもよかった

「おじさん、あたい寝たら朝までグッスリ寝るからそんなの平気だよ」

そして娘のところに挨拶に行き、その首が長くなる娘と夫婦になる

初日の夜、ちょっとしたことで与太郎が夜中に起きてしまう

嫁さん見ると首がにょきっと伸びているではないか

「どくどっ首だ〜!」

一目散におじさんの家に行き、もう母さんとこに帰りたいとすがる

しかしおじさんは「どこの面下げて帰れる!おっかさん大喜びで明日いい便りが聞けるように首を長くして待ってるぞ」

すると与太郎

「首を長く?ひゃー家にも帰れない」

この話の中でまた面白いとこは、与太郎がおじさんと嫁さんのとこに行って挨拶をするところで

与太郎がへまをすると思い、おじさんが引っ張った回数で決められた相づちを打つと仕込んで実践するところで、

かなり面白いと思います。

posted by どもども at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12830204

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。