2006年03月12日

妾馬

めかうま

八五郎は、お鶴(妹)が殿様の子供を産んだことを大家から聞く

お目録をおもくもくと間違えつつも、50両もらえると聞き、大家の紋付き羽織りを借りていざ殿様の城へ

城でまず田中三太夫という人に会えと言われたので会う

そして一緒に殿の待つ部屋へ

まず質問されて三太夫に「即答を打て(答えろ)」を側頭部を打てと勘違いし三太夫の頭を叩く

挨拶をすることになった

大家からは「頭に お をつけて話せ!」と言われていたので開口一番

おこんちは

訳がわからない殿様

「無礼講じゃ」と八五郎に無理に殿様を敬うような話し方をしなくていいことになる

そんなことを言われても八五郎の隣にいる三太夫はヒヤヒヤ

何度も「無礼なこと言うな!」と言うが

殿様から「三太夫、控えておれ!」と一喝される

そんなところに妹のお鶴が出てきた

兄弟久々に会って話しをする

「あんちゃんはな、お鶴が幸せならもうなんでもいい!後はウチのババアにお鶴の子供を抱っこさせてあげたい…」

いい話を聞いてみんな号泣

のちに八五郎は侍になるのだった



八五郎という庶民が殿様という地位のギャップにお構いなしにいくところが最高

そこのギャップが笑いどころ

その後母親思いのいい息子という部分が出て来てあ〜いい話だなと

別名 八五郎出世


ブログランキングです。投票よろしくお願いいたします。
banner_02.gif
【関連する記事】
posted by どもども at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。