2006年03月13日

火焔太鼓

かえんだいこ

ある売れない道具屋にホコリだらけの汚い太鼓があった

主人は定吉(子供)にその太鼓をはたいてきれいにしろと頼む

すると定吉は、子供なのではたいているつもりだが叩く強さではたいたものだから音が鳴った

すると侍がやってきた

主人は捕まるのではないかとビクビクしたが

侍が言うには殿様がその太鼓があまりにいい音なので見てみたいとのこと

女将さんにあんたはドジだとか小言を言われながらも殿様のところに太鼓を持っていく

するとその太鼓が火焔太鼓という世に二つとないものだった

殿様に300両で買ってもらって主人はルンルン

帰って女将さんに300両を見せてビックリ

主人も味をしめて音が鳴るもの買ってくれば売れると思い込み

「俺は今度は半鐘(はんしょう)買ってくる」

かみさん「いやだよ、オジャンになるから」



キーポイント

半鐘…火事のときの警報用の鐘 ジャンジャンとなる

オジャン…なんもなくなってしまうって事


ブログランキングです。投票よろしくお願いいたします。
banner_02.gif
posted by どもども at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14774870

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。