2007年01月10日

若旦那

落語に出てくる若旦那というキャラクターのバックグラウンドとしては金持ちの息子で女好き。これが主流と思われます。

湯屋番、二階ぞめきなどの若旦那は完全に妄想の中で展開を繰り広げる形。完全に客観視されればもう完全に頭がおかしくなってしまった人。こちらのほうが落語としても笑える話ではないかと思います。

逆に明鳥の若旦那は完全に初心。キャラクターを作り上げた作品とも言えるほどとても初心でマジメ。あまりに真面目すぎて気持ち悪いくらいです。


ブログランキングです。投票よろしくお願いいたします。
banner_02.gif



【関連する記事】
posted by どもども at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラクター解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31149515

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。