2005年11月25日

落語家への道

まずは弟子にならないと落語家にはなれない

まずは好きな真打ちの人の弟子になります

そして名前をもらって前座という身分になります

前座はほぼ師匠の身の回りの世話をしたりしながら経験を積みます

そして二つ目という身分に上がります

二つ目は師匠のお世話というものからは少し離れて経験を積んでいきます

そして真打ちになると、一人前の落語家として弟子を採ることが出来るようになります
こんな文章では簡単そうですが、様々な苦労をしながら這上がっていきます

ド素人がこんなこと書いてプロの方本当に申し訳ありません

posted by どもども at 01:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語の楽しみ方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9771777

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。