2005年11月27日

薮入り

冬の話ということで薮入りを

これは奉公にでた子供が、唯一家に帰れる薮入りの日の、父親、母親の話

父親は会いたくてしょうがない

前日から明日はどこ行こう、何を食べようとても楽しみ

母親は会いたいがそこは冷静

そして当日子供が家に帰ってきた

そして事件が起こる

キーポイント
奉公…商家の家に入って雑用をこなしながら商人の知識などを勉強していく。なので軽く家に帰ったりすることができない

ねずみをとる…当時はねずみがかなりいた時代で取ることに困っていた。なのでねずみを取ることにより大金を渡す制度があったのです。

かなり現代でもしそういう状況にあったとき親ってこうなるだろうなっていう感じかなりありますね

CDで名人の聞くなら三遊亭金馬師匠のネタですね

いろんな人たちが評価してますね
【関連する記事】
posted by どもども at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | や ゆ よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9851060

この記事へのトラックバック
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。