2005年12月13日

芝浜

こちらも冬の落語のお話


「おまえさん、起きとくれよ!」


怠け者の魚屋の魚勝は朝早く、奥さんから河岸に行け行けと言われ、河岸に行く

そして海に着いたものの、河岸が開いていない

すると、奥さんが時間を間違えて起こしたことに気がつくと、腹を立てて、海でたばこを吸い出す

すると、革の財布が転がっているのが見え、拾ってみると


中にはたくさんの小判が入っていた


急いで家に帰ると、魚勝は「こんだけ金があれば遊んで暮らせる!」と言い出し、近所の仲間を集めて、遊びまくる


すると、また奥さんの声が


「お前さん、起きてくれよ!」


魚勝は、「昨日の金があるから大丈夫だ!」というと、

奥さんはそんなもの知らない、魚勝の夢だと言う

自分のバカさ加減に気ついた魚勝は、それから一生懸命働きだし、もう2度と酒を飲まないことを誓う



そんなことをしているうちに、何年か時が過ぎた、大晦日

魚勝はいまだ一生懸命働いていた

そこへ、奥さんが

「昔の革財布、あれ本当はあったの。でもあんたがまた怠け者のままで働かない姿を見るのが嫌で、今まで隠していたの」

魚勝は納得し、奥さんを許した

そこへ、奥さんが、魚勝がいままでずっと我慢していた酒を持ってきた


「あんた、大晦日の晩くらい、お酒飲んでもいいわよ。酔ってるあんたをみたいの」


魚勝は飲もうか飲まないかためらっていたが



「いや、やめとこう。また夢になっちゃいけない」




私が初めて聞いた落語がこれなのですが、いまだにこの話が脳裏から離れません。

それほど、いい話です。

芝浜のCD販売
icon
posted by どもども at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

死神

ある男が借金苦で自殺しようと図る

そこに死神が現れ、「金儲けのやり方を教えてやるよ。医者になって患者のとこいって、患者の枕元か足元に死神いるから、足元いたら寿命あるから呪文唱えて消せる。でも枕元にいたら寿命ないから手を出すな。」

ウソかとも思ったが教えてもらったとおり医者になって患者のとこに行くと、足元に死神が座っていて、呪文唱えて治して金もらって大金持ち

調子に乗ってその金で女と一緒に遊んで使い果たしてしまったが、また医者やれば儲かると思ってやると

どこ行っても死神が枕元に座っていてどうにもならない

そんなとこに1000両出すから治して欲しいという人がいるので行ってみると死神がまた枕元に座っている

男は考えて、死神が寝ている間に布団の四隅持って回して強引に足元に持ってきて呪文唱えて消す作戦を思いつく

実行するとうまくいき、1000両もらって帰ってくる

すると教えてくれた死神が現れ、「なんであんなことするんだ!」と言ってろうそくだらけの部屋に突き落とす

この部屋のろうそくはすべて人間の寿命。男のろうそくは今にも消えそう

なぜなら枕元の人間を生き返らせたことにより、その人間のろうそくと入れ替わったというのだ

必死に死神にお願いをし、新しい長い寿命のろうそくを手に入れ自分の火から移す

すると死神「よかったな。祝ってやろう。今日がお前の新しい誕生日だ。誕生日おめでとう!」

「ありがとうございます!フーッ」(自分で消してしまう)


消すのがオチだがそのくだりは人によってさまざま。
自分は現代を交えての立川志らく師匠のオチが好きでこれが好きです。

死神のCD販売
icon
posted by どもども at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。